施工項目4:テラス F

LIXIL サンクテラスⅡ(パワーアルファ)を重量鉄骨造ハイデッキタイプの延長に施工しております。
自在桁とロング補強柱とプラスGにカザスキー門扉を組み合わせ。

<BEFORE>

柱を二重構造にしたり根本の柱廻りをコンクリート補強(橋桁等のコンクリート工)することで本数を減らしたり兼用することでオリジナル施工デザインになっております。

花手前の柱はサンクテラスⅡ(パワーアルファ)補強柱奥は重量鉄骨の柱構造です。
重量鉄骨造関連ですので、ハイレベルの建築技術が求められますので建築士資格等と経験が必要です。

人工木・樹ら楽デッキからの施工状況。

<AFTER>

プラスGとジオーナ親子仕様04-08H14カザスキー門扉に表札・LED門灯はオリジナル施工になっております。

今回の施工写真ではわかりにくいのですが大理石タイルは大判と長方形を組み合わせた擬石タイルですが種類も多く見た目も質感も本物です。メンテナンス・耐久性を考慮するとそれ以上ですので最近の施工現場では積極的に取り入れております。

 

>> 施工項目4:テラスへ戻る